井上

JBuilder 2006のP2Pコラボレーション機能

ITProにこんな記事がありました。
「米Borland,PtoP コラボレーション機能を追加したIDE新版「JBuilder 2006」を発表」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/USNEWS/20050907/220695/

ITProが信用できるとは限らないので、ボーランドのサイトを見てみました。
http://www.borland.com/us/products/jbuilder/index.html

P2Pに関する情報はFAQに少しあります。
http://www.borland.com/resources/en/pdf/products/jbuilder/jb2006_faq.pdf

LAN内のユーザ発見にはJmDNSを使っているようです。multi-cast DNSのJava実装です。multi-cast DNSは、DNSから通信プロトコルのシンタックスとセマンティックスを拝借して、LAN内UDP broadcastでリソース(サービス)発見を行う通信プロトコルです。MSなら、同じことをするのにUPnPを使うでしょう、と言った位置付けの技術です。
LAN外のユーザ発見には、XMPPを使っていると書いてあります。XMPPサーバを立てる必要があります。FAQを読む限り、同じVPN内にいるユーザとのP2P通信を前提にしているようです。


似たソフトで、Sobalipse(SOBAとEclipseの組合せ)がありますが、状況が不明です。
http://sobalipse.sourceforge.net/
死んだのでしょうか?


posted at 014105腱 on 2005綛0908 by inoue - Category: General

TrackBack

DISALLOWED (TrackBack)

Comments

No comments yet

Add Comments

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。