井上

ネット広告

WBSを見ていたら、最初の特集がネット広告でした。

マルスケは無料配布ソフトなので、社内の雑談レベルで、広告媒体にする話が出たことがあります。具体的には何も決まっていないので、安心してください。例えそういう展開になっても、望まない広告が勝手に配信される、かつてのプッシュ技術のようなことは無いと思います。未来がどうなるか分からないので、別に確約はしませんが。

広告が入るソフトとしてぱっと思いつくのは、Operaです。広告付き版を使ったことがありますが、一瞬で捨て、でした。他に思いつくのは、上にも書きましたが、かつてのプッシュ技術です。PointCastが筆頭で、MSのActiveDesktopが引導を渡した技術です。プッシュ技術が廃れた理由は諸説ありますが、個人的には、広告が勝手に配信されそうなことへの拒否反応が、受け付けなかった大きな理由です。

送り手の意思だけで広告が勝手に送られてくるのはノーですが、受け手の自由意思で受ける広告は、ありとしましょう。受け手の自由意思が本当にあるのか、と言う議論はありますが。いつでも広告を切る手段が与えられていれば、一応、自由があると見なします。

マルスケはスケジュール共有ソフトなので、日付に連動する広告がいいでしょう。製品の発売日やコンサートの告知が、自分の予定表の中に入ってくると、一見、便利そうです。自分(受け手)がそれを制御可能であれば、ですが。

送り手の意思が受け手の意思を上回ってしまうと、spamメールと同じになります。受け手側には問題がふたつあります。自由を本当に得られるかと、自由を本当に得たいと思っているかです。


posted at 010022腱 on 2005綛0408 by inoue - Category: General

TrackBack

DISALLOWED (TrackBack)

Comments

No comments yet

Add Comments

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。